日本粘土学会ってどんな学会?
 日本粘土学会は、粘土およぴ粘土に関連する物質の基礎・応用の研究とその成果の普及、交流を促進するための学術団体です。
 粘土は、私たちの住む地球の表層(地殻)に広く分布するとても身近かな物質です。粘土と人間とのかかわりは古く、紀元前の焼き物や日干しレンガにその一端を見ることができます。現在では、粘土は産業の基礎材料として、セラミックス、製紙、プラスチックス、原子力、土木・建設、農薬、医薬、化粧品など非常に多岐にわたる分野で利用されています。また、産業の先端材料として、ナノコンポジット、光記録材料、薄膜材料、触媒などの分野での利用も進められています。このように多くの分野での利用を可能にしているのは、粘土のもつ無機高分子としての多様な性質によることはいうまでもありません。一方で、粘土は地球システムを構成する重要な物質として、生命の誕生や地球環境問題と密接に関係し、過去数十億年の地球の歴史を解明するキー物質としても注目されています。
 日本粘土学会は、粘土の基礎研究から応用までを総合的に扱う日本で唯一の学術団体として、国内外から高い評価をいただいております。科学技術のめざましい進歩にともない、時代の要請に適合した学会のあり方を絶えず追求し、より活力のある学会をめざしています。粘土学会の趣意をご理解いただき、多くの方々がご入会されることを心よりお待ち申し上げます。

どんな活動をしているの?
会誌(和文誌): 「粘土科学」を3回/年発行
会誌(欧文誌): 「Clay Science」を4回/年発行
討論会:    1回/年開催(内容は、研究発表、シンポジウム、講演会、総会など)
見学会:    原則として1回/年開催
研究グループ: 粘土鉱物を利用した光機能系研究グループ
        放射性物質−粘土相互作用研究グループ
粘土試料頒布: 主な粘土鉱物の標準試料とその基本データを提供

 

日本粘土学会の歴史
粘土科学討論会(開催地)
行事等
ICC
1957(昭和32)年 第 1回 農林省農技研
1958(昭和33)年 第 2回 農林省農技研 粘土研究会創立
1959(昭和34)年 第 3回 農林省農技研 粘土科学の進歩(1)発行
1960(昭和35)年 第 4回 名古屋工業大学 欧文誌「Clay Science」創刊、
粘土科学の進歩(2)発行
1961(昭和36)年 第 5回 明治大学 和文誌「粘土科学」創刊、
粘土科学の進歩(3)発行
1962(昭和37)年 第 6回 仙台市
1963(昭和38)年 第 7回 日本化学会講堂 日本粘土学会創立、
粘土科学の進歩(4)発行
1st ICC Stockholm
- Sweden. Chair: I. Th. ROSENQVIST
1964(昭和39)年 第 8回 京都大学
1965(昭和40)年 第 9回 福岡市 粘土科学の進歩(5)発行
1966(昭和41)年 第10回 早稲田大学 2ndICC Jerusalem
- Israel Chair: I.K. BENTOR
1967(昭和42)年 第11回 早稲田大学 粘土ハンドブック 第1版発行
1968(昭和43)年 第12回 北海道大学
1969(昭和44)年 第13回 日本板硝子(株) 第3回国際粘土会議
(東京都立文化会館)
3rd ICC Tokyo
- Japan. Chair: T. SUDO
1970(昭和45)年 第14回 日本化学会講堂
1971(昭和46)年 第15回 秋田大学
1972(昭和47)年 第16回 愛媛大学 4th ICC Madrid
- Spain. Chair: E. GUTTIEREZ-RIOS
1973(昭和48)年 第17回 東京工業大学
1974(昭和49)年 第18回 岡山大学
1975(昭和50)年 第19回 広島大学 5th ICC Mexico City
- Mexico. Chair: D. CORDOBA
1976(昭和51)年 第20回 日本化学会講堂
1977(昭和52)年 第21回 名古屋工業技術試験所
1978(昭和53)年 第22回 早稲田大学 6th ICC Oxford
- UK. Chair: D. MITCHELL
1979(昭和54)年 第23回 新潟大学
1980(昭和55)年 第24回 群馬大学
1981(昭和56)年 第25回 日本化学会講堂 7th ICC Bologna
- Pavia - Italy. Chair: F. VENIALE
1982(昭和57)年 第26回 九州大学
1983(昭和58)年 第27回 金沢大学
1984(昭和59)年 第28回 仙台市
1985(昭和60)年 第29回 岡山理科大学 8th ICC Denver
- USA. Chair: J.B. HAYES
1986(昭和61)年 第30回 東京工業大学
1987(昭和62)年 第31回 愛媛大学 粘土ハンドブック 第2版発行
1988(昭和63)年 第32回 大阪大学産研
1989(平成元)年 第33回 秋田大学 9th ICC Strasbourg
- France. Y. TARDY
1990(平成2)年 第34回 鹿児島大学
1991(平成3)年 第35回 つくば市
     通産省工業技術院
1992(平成3)年 第36回 西東京科学大学
1993(平成4)年 第37回 上越教育大学
1994(平成5)年 第38回 岩手大学 10th ICC Adelaide
- Australia. Chair: R.A. EGGLETON & R. FITZPATRICK
1995(平成6)年 第39回 高知大学
1996(平成7)年 第40回 早稲田大学 40周年記念式典
1997(平成8)年 第41回 福井県立大学 粘土の世界 発行 11th ICC Ottawa
- Canada. Chair: H. KODAMA
1998(平成9)年 第42回 桐生市
     市民文化会館
1999(平成10)年 第43回 倉敷芸術科学大学
2000(平成11)年 第44回 北海道大学
2001(平成12)年 第45回 東洋大学 45周年記念式典 12th ICC Bahia Blanca
- Argentina. Chair: E.A. DOMIGUEZ & F. CRAVERO
2002(平成13)年 第46回 東北大学
2003(平成14)年 第47回 広島大学
2004(平成15)年 第48回 新潟大学
2005(平成16)年 (第49回) 早稲田大学 第13 回国際粘土会議
(早稲田大学)
13th ICC Tokyo
- Japan. Chair: A. INOUE
2006(平成17)年 第50回 千葉科学大学 50周年記念式典
2007(平成18)年 第51回 北海道大学
2008(平成19)年 第52回 琉球大学
2009(平成20)年 第53回 岩手大学 粘土ハンドブック 第3版発行 14th ICC Castellaneta M.
- Italy. Chair: S. FIORE
2010(平成21)年 第54回 名古屋大学 第1回AsianClay
2011(平成22)年 第55回 鹿児島大学
2012(平成23)年 (第56回) 梨花女子大学 第2回AsianClay
2013(平成24)年 第57回 高知大学
2014(平成25)年 第58回 福島市
2015(平成26)年 第59回 山口大学(予定)  
2016(平成27)年 第60回 ー 第3回AsianClay
(The next International Clay Conference)
2017(平成28)年

第61回 ー

16th ICC Granada
- Spain (The next International Clay Conference)

会員はどんな人達?
 粘土は重要な地球構成物質であると同時に、私たちの生活を支える大切な産業資源でもあります。また地球環境の保全物質として機能したり、生命の誕生とも深いかかわりをもっています。そのため、日本粘土学会の会員は、
 1) 地球科学分野
 2) 資源分野
 3) 無機材料分野
 4) 化学・物理分野
 5) 土壌・肥料分野
 6) 建設・農業土木分野
など、きわめて広範な研究分野の人達で構成され、会員数は学生会員を含めて500名に達します。所属先も大学の理学系、工学系、農学系や国及び県の研究機関、民間のメーカーや研究所、資源及び建設・土木関連企業など非常に多彩です。また、最近は学生会員や若手研究者の会員も活発に活動されています。日本粘土学会ではこれらの人達が粘土や粘土関連物質について様々な分野から研究を行っているため、これまで触れることのできなかった新しい研究手法や研究成果に接することができます。

粘土はどこで利用されているの?
○セラミックス工業
 陶器、磁器、タイルの原料、鋳物砂型結合剤、ファインセラミックス
○製紙工業
 紙の表面コーティング材や内部充填材
○化学工業
 プラスチックやゴムの性質改良材、触媒、塗料やインクの増粘剤、化粧品や医薬品の増粘剤や吸着剤
○建設・土木工業
 地盤強化注入剤、地下水の止水剤、掘削用泥水剤、内装壁剤、軽量骨剤
○農業
 土壌改良剤、肥料や農薬の増粘剤や分散剤、水田の漏水防止材
○環境保全
 廃棄物処分場遮水材、放射性廃棄物処分の緩衝材

この他にもたくさんの利用方法があります。日本粘土学会では、地球にやさしい天然資源である粘土の基礎研究から粘土を利用した21世紀を担う新素材の開発まで、様々な研究が進められています。